〒185-0004 東京都国分寺市新町1-1-46

受付時間
AM10:00〜PM6:00
(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00
(土曜)
休業日
毎週水曜日、日曜・祝日
042-322-1024
080-5079-1193

男性不妊

漢方で考える男性不妊

男性不妊と漢方による治療

漢方薬を扱う中国医学では

「冷え」「疲労」「ストレス」などからくる体質の変化が男性不妊の原因につながるとしています。

これらの体質を元に戻すための目的として漢方薬を使用します。

不妊症は女性だけの問題ではない

一昔まで不妊症は女性の問題と考えられてきました。

しかし、近年のWHOの調査結果から 

「男性の原因」は約25%、

「女性の原因」は約40%、

「男女両方の原因」は約25%、

そして残り10%は原因不明

という内訳になっています。

これにより、不妊症は女性の問題だけでなく、夫婦で協力して解決していく必要があります。

男性不妊症の原因

男性力の低下

コンドーム製造の世界最大企業であるデュレックス社によると、日本人の年間セックス回数は41ヵ国中で最下位という調査結果が出ています。

この結果より、男性力が低下していることがわかりますし、妊娠にも影響を与えるといえます。

男性力が低下の原因はストレスにあるといわれています。

ストレスの多い男性は、男らしさを保つ機能を維持するために必要なホルモンであるテストステロンが低下しているとされています。

 イライラや憂うつなどの精神的なストレスや仕事の忙しさなどの肉体的なストレスが続くと、精子の発育や性欲に関わる男性ホルモンの分泌が低下していきます。もちろん加齢や食生活の影響もありますが、近年の若い男性のテストステロンの低下はストレスが大きな原因といえます。

精子の異常

精子の異常と妊娠の関係は絶対的なものではありませんが、精子の数や運動率などを総合的に改善していくことが妊娠につながるとされています。

◆精子の数が少ない

特に1000万/ml未満なら、自然妊娠は難しいとされています。

◆精子の運動率が低い

運動率が低いと、卵子と出会う卵管膨大部まで到達できなかったり、卵子の殻を破れない場合があります。

◆奇形精子が多い

奇形精子は遺伝子情報の欠損や運動率の低下がみられ、多いと受精しづらいといわれています。

男性力を高める生薬とは

  • 1
    食用蟻

タンパク質や亜鉛、マグネシウムなどの微粒元素が豊富に含まれ、古くから中国の歴代の皇帝たちが滋養強壮・強精食として食べてきたという歴史があります。

  • 2
    魚鰾

高品質なコラーゲンや亜鉛などを豊富に含み「海洋人参」とも呼ばれています。

  • 3
    枸杞子

ビタミンや微粒元素が豊富に含まれ、古くから「精をつける」食べ物として知られています。

  • 4
    鹿茸

足腰の冷えや性機能の強化の代表的な生薬です。

お問合せ・相談予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約はこちら

042-322-1024
080-5079-1193

受付時間:
AM10:00〜PM6:00(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00(土曜)

休業日:毎週水曜日、日曜・祝日

受付時間・休業日

受付時間

AM10:00~PM6:00
(月、火、木、金)

AM10:00~PM1:00
(土曜)

休業日

毎週水曜日、日曜・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・ご予約

お気軽にご連絡ください。

042-322-1024
080-5079-1193