〒185-0004 東京都国分寺市新町1-1-46

受付時間
AM10:00〜PM6:00
(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00
(土曜)
休業日
毎週水曜日、日曜・祝日
042-322-1024
080-5079-1193

漢方の基礎知識(五臓六腑)

① 中医学による五臓六腑

画面クリックで拡大できます

② 五臓六腑と季節
画面クリックで拡大できます

,
上記② 五臓六腑と季節の表の中からもわかるように春と言う季節は肝蔵の肝と関連があります。
この間は肝臓と言う臓器だけの意味ではなく自律神経、血液循環、内分泌と生殖、情緒活動、目、精神疾患、自律神経などとも関係があります。
五臓六腑の肝は、血液検査で見るGPT.GOTだけの問題ではありません。
情緒不安定
イライラ
パニック
抑うつ
不安
生理不順
お疲れ目
爪がもろい
肩こり
自律神経
不眠症
更年期障害など多岐にわたり大きな働きをしているのがこの肝です。
春の時期はこのような症状の方が悪化する恐れもありますので、
お困りの方はご相談ください!
 
春は精神的にとても不安定になりやすい時期とも言えます。
五月病などはその1つの例だと思います!
 
3月と言うこの時期は、肝を保つために
食事としては酸味のあるものをとると良いでしょう❣️
梅干しや柑橘類もその一つです
 
春の養生ポイント
早起きして散歩や体操をする
肝(造血解毒自律神経のバランス)を保つ
 
春にはお勧めの食材(肝の機能のびのびとさせる気の巡りを良くする)
①春菊,ミツバ,ニラ,生姜思想などの香りのあるもの。
②ほうれん草、菜の花、にんじん、えのき、しいたけ
③生姜、ネギ、玉ねぎ、ニンニクなどの辛味野菜
④はまぐり、ホタテ、しじみ、にしん、さわら、などの魚介類
⑤たらの芽、ふきのとう、うどん、ぜんまい、たけのこなどの山菜
⑥いちごオレンジはっさく、枸杞の実
 
肝の昨日を上げる上薬は漢方の中にもたくさんあります。
自律神経には柴胡、薄荷、陳皮、酸棗仁、菊花、亀板、などなど

 

 
 

お問合せ・相談予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約はこちら

042-322-1024
080-5079-1193

受付時間:
AM10:00〜PM6:00(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00(土曜)

休業日:毎週水曜日、日曜・祝日

受付時間・休業日

受付時間

AM10:00~PM6:00
(月、火、木、金)

AM10:00~PM1:00
(土曜)

休業日

毎週水曜日、日曜・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・ご予約

お気軽にご連絡ください。

042-322-1024
080-5079-1193