〒185-0004 東京都国分寺市新町1-1-46

受付時間
AM10:00〜PM6:00
(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00
(土曜)
休業日
毎週水曜日、日曜・祝日
042-322-1024
080-5079-1193

花粉症

2021年の花粉症 今からでも間に合う?漢方治療

  
今年の花粉 あなたはどう戦う?
 
 
 
すでに関東地方では花粉が観測されています。
 
昨年の1.8倍と言われています。
 
 
今現在花粉症でない方も突然発症しないよに予防する必要があるのです!
 
 
 
 

「漢方による根本治療って時間がかかるから今更遅い」と思っている方

 

 

花粉症の問題は、体質栄養が実は大きく関係しているのです!

免疫と関係している栄養素をしっかりとる必要があります。

また、炎症を引き起こす食品を控えることも大切です!

漢方による体質改善と食事療法で根本治療をしてみませんか?

花粉症を根本的に治すためにしておきたいこと!!

 
1、制御性T細胞とビー細胞を増やすために
VD
VA
亜鉛を取る 
この3つの栄養素がT細胞を増やす。
大切なのは、花粉症の治療に必要な量を服用する必要があります。
 
2、粘膜や免疫と関係がある栄養素をしっかり取る。
粘膜と関係する栄養素はまずは.
蛋白
VD
VA
ビタミンB群(特にナイアシンは大切)
亜鉛
 
3、腸内環境整える
腸中だけで免疫の6割から7割をつくっています。
 
 
4、油を変える
炎症を引き起こす方向に働くオメガ6を減らす。
(サラダ油、ドレッシング、マヨネーズ、キャノーラ油べに花油など)
 
 
炎症を抑える方向に働くオメガ3を増やす
(魚の油、亜麻仁油、えごまをオイル)
ココナツオイルなども炎症抑える方向に働きます。
 
5、内臓脂肪(脂肪肝)を減らす。
内臓脂肪があることによって炎症が継続されてしまいます。
 
6、ストレスはビタミンやミネラルを消耗するのでなるべく減らす。

質問の中に「マルチビタミンを取っていますがこれでいいですか?」と聞かれますが、マルチビタミンは、たくさんのビタミンが入っていますが、一つの量が少なすぎてほとんど効果が出ません。

必要なものを食事日記などから見分け必要量取ることにより効果を感じられるのです。

 

1~2週間分の食事日記をつけ、健康診断を持参のうえご予約の上、来店ください。

 

また、漢方治療では、いかに体質に合った処方を選ぶかがポイント!

①鼻水  

②クシャミ  

③鼻つまり  

④目の痒み  

⑤だるさ  

⑥微熱  ぼーっとする等

症状は、いろいろですが、どの症状が一番酷いのか?またどの症状は、ほとんどないのかによっても処方が変わりますが粘膜へのダメージや炎症があまり酷くならないうちなら効果もよいのです。

 

アレルギーとは、免疫機能の乱れです!

免疫が低いなら高め、高すぎる場合は、抑さえる必要があります。、

炎症が粘膜で起きるので炎症を抑える働きのあるものを食べたり、油を変えたり、運動をしたりして肺の機能を高めることによって少しずつ体質を改善することもできます。

漢方による体質改善は、その方あたにあった薬を丁寧な問診や舌診によって見分け、その方に合った量使うことが最も早い改善方法です。

 

早めの対策が大切になります。

東洋医学では、「気」の6種類の機能の中で防衛作用(皮膚、粘膜を強化することにより病原菌などの侵入を防いだり外界の環境の変化から身体を守る働き)を強化することにより花粉から身体を守ります。

敏感肌、花粉症、気候変化やエアコンなどに弱く風邪を引きやすいと言う方も「気」の中の防衛作用を強めましょう!

「気」機能が弱くなると

花粉症を始め

風邪を引きやすい!

インフルエンザになりやすい!

寒さにも暑さにも弱い!

汗をかきやすい!

疲れやすい!

胃腸の機能が弱い!

粘膜が弱い!などの症状が出てきます。

 

漢方治療の場合眠気が出ない。

ぼーっとしない。

だるくならないので安心して服用出来ます。

 

また、花粉の飛散量によっては、元々アトピー性皮膚炎のないかたもでも痒みが出たり喘息がないのに咳が出てくる方も多いので、

ステロイドは、後が怖いから使いたくないという方も気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 


花粉量が多くなる条件

  • この30年間で花粉の飛散量が2倍に増加。
  • 以前は1平方cmあたり2,000個の花粉で「大飛散」と言われていたが、今では平均値が4,000個近くになっている。
  • 飛散量は毎年変動する。
  • 春に飛散するスギやヒノキの花粉は前年夏(7月~8月)の気象条件(日照時間と気温)に大きな影響を受ける。
  • 例えば関東は、2015年の梅雨明けが全国的にも早かったため、晴れて暑い日が多くなった。加えて、8月上旬に関東では8日連続の猛暑日を記録しており、「気温が高く日照時間が長い」という、花粉量が増えやすい条件がそろっていた。

気象条件と前年の花粉数が、その次の年の花粉シーズンの飛散量に関係する

さらに、飛散量を決めるもう一つ大切な要素として「前年の花粉量」があります。

例えば、猛暑で前年の飛散量が「並み」だったら「やや多い」、前年が「少ない」だったら「非常に多い」といったように、前年の飛散量とリンクしているのです。

 

 

黄珠目薬

疲れ目、かすみ目などに
もちろん花粉症の方にも!

新 黄珠目薬 〔タキザワ漢方廠〕

花粉症って

花粉症  到来?!

どの症状が一番つらい?

  • クシャミ?
  • 鼻水?
  • 鼻づまり?
  • 目のかゆみ?
  • うらあごのかゆみ?
  • 耳の中がかゆい?
  • 咳?
  • 微熱?
  • だるさ?

あらゆる症状がある花粉症。

どの症状が一番ひどいかによって、処方が変わります。

クシャミ鼻水では、よく聞く小青竜湯の温める薬は、

目のかゆみが一番
ひどい汗をかきやすい

などの症状がある方が使うと、かえって目のかゆみが強くなる場合もあるので、ご相談ください。

舌診などによって熱か寒かを見分けて薬を選ぶことが大切です。

本来、私たちの身体にはウイルスや花粉などの侵入を防ぐ「免疫機能」が備わっています。

この免疫機能を高めてくれるのに役立つのが「漢方」です。

 

花粉症、それは「気」のせいかも!?

東洋医学では「気」は
体内を巡るエネルギーだと考えられています。

 

「気」の働きが弱まると、体温が下がり、抵抗力が低下し、その結果、粘膜や皮膚が過敏になってしまい、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎を起こしやすくなります。

花粉症は一度発症すると毎年繰り返し、なかなか自然治癒しない疾患です、

今年は「気」をととのえて、免疫機能を高めることから始めませんか?

養生

花粉症予防の基本はマスクやメガネで花粉を防ぐことです。

花粉が飛散する時期は、アルコールやタバコを控え、きちんと睡眠をとることも大切です。

アルコールは粘膜を充血させ、鼻づまりをひどくします。

またタバコは鼻の粘膜を刺激し、症状を悪化させるだけでなく薬も効きづらくさせます。

寝不足も要注意。

自律神経に乱れを起こし、花粉症をまねきやすくします。

日頃の生活習慣も見直してみましょう♪

対策としてて・・・

 

乾燥と花粉症で身体が痒い方には、
瑞花露の
スプレー、ローション、クリーム

良いです。

 

保湿だけでなく痒みによいのが特徴です。

サンプルを差し上げています。

お気軽にお申し出ください。

お客様からのお声より、お答えいたします。

・花粉症のため、目のかゆみを強く訴える患者さんが年々増えているようです。

漢方医学では目は、五臓六腑の肝ととても深い関係があります。

また肝の臓腑は、ストレス、イライラ、うつ、情緒不安定などととても深い関係があります。

ストレス社会と言われる今日において、この花粉の時期に目の炎症やかゆみを訴える方が増えていくのも仕方がないのかもしれませんね。

 

“目の玉を繰り出して洗いたい!”というほど、目のかゆみがひどい方、必見です!

くしゃみ鼻水鼻づまり等の処方はいくつかありますが、目のかゆみが1番辛いと言う方の処方はほとんどありませんでした。

五涼華・洗肝明目湯菊花エキス・杞菊地黄丸・黄連解毒湯などがとても効果をあげています。

ぜひご相談ください。

特長

ある患者さんの問診で、 

『昨年小青竜湯を服用してみたが、まるで麻薬を飲んだかのような感覚を受けた』
と言うお話がありました。

葛根湯小青竜湯の中には麻黄と言う生薬が入っておりその成分が咳止めのエフェドリンと言う成分で、交感神経興奮に働きますのでそのような感覚をうけたる方がまれにいらっしゃいます。

これらの処方は温める性質のものですので炎症の強い目のかゆみ等には、かえって悪化したと言う患者さんの声もきかれます。

症選ぶ漢方は症状によって変える必要があります。 

お問合せ・相談予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約はこちら

042-322-1024
080-5079-1193

受付時間:
AM10:00〜PM6:00(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00(土曜)

休業日:毎週水曜日、日曜・祝日

受付時間・休業日

受付時間

AM10:00~PM6:00
(月、火、木、金)

AM10:00~PM1:00
(土曜)

休業日

毎週水曜日、日曜・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・ご予約

お気軽にご連絡ください。

042-322-1024
080-5079-1193