〒185-0004 東京都国分寺市新町1-1-46

受付時間
AM10:00〜PM6:00
(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00
(土曜)
休業日
毎週水曜日、日曜・祝日
042-322-1024
080-5079-1193

鉄欠乏型うつ

鉄欠乏と言うと貧血を思い浮かべる方も多いと思いますが、全く貧血がない状態でも鉄欠乏になります。
 
血液検査で出てくるのはヘモグロビンです。
これを財布に例えると、体の中に貯蓄されている鉄をフェリチン(貯蔵鉄)といいます。
 
この数値が低いと鬱症状が出ます。
 
一般的なうつは、朝方調子が悪く、夜になるとだんだん調子が良くなってくることが多いのですが、
 
鉄欠乏性の場合は、夜になっても体調が回復しない、または、かえって体が動かなくなる方がいます。
 
鉄は筋肉や血液心臓とありとあらゆるところでエネルギーを作り出しています。
 
これが少ないことによってミトコンドリアでエネルギーが作られなくなるので鬱症状になるのです。
 
薬を使い貧血の治療をするための漢方と同時に鉄剤を投与する必要があります。
 
生理の量が多い人は生理の量を調節する必要もあります。
 

毎月の生理が28日より早く来る場合も鉄不足になりやすくなります。

鉄不足チェックリスト

あてはまるものいくつある

 爪のアーチが少ない、割れやすい、やわらかい

 硬いものを噛みたくなる(氷、爪、あめ、鉛筆など)

 夕方以降の不調(足がムズムズするなどの違和感、気分がソワソワなど)

 あざができやすい、乾燥肌、髪の毛が抜けやすい

 注意散漫、集中力がない、落ち着きがない

 のどの不快感、飲み込みにくい、声が小さい

 頭痛、肩こり、耳鳴り、めまい、胃弱、食欲低下

 冷え性、疲れやすい

□ 生理前の不調、生理痛がひどい

 出産経験、出血(生理、痔、鼻血、消化管出血)がある

 

 チェックの数 個  
 3つ以上は黄色信号!
 
5つ以上は赤信号‼

お問合せ・相談予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約はこちら

042-322-1024
080-5079-1193

受付時間:
AM10:00〜PM6:00(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00(土曜)

休業日:毎週水曜日、日曜・祝日