〒185-0004 東京都国分寺市新町1-1-46

受付時間
AM10:00〜PM5:30
(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00
(土曜)
休業日
毎週水曜日、日曜・祝日
042-322-1024
080-5079-1193

妊娠中の体調不良

  • 妊婦の50%~80%がつわりを発症
  • 自分の力でお産を進ませる力が弱まっている
  • 妊娠うつを発症する割合15%
  • 早産で生まれてくる割合10人に1人
  • 妊婦高血圧症候群を発症する割合20人に1人
  • 妊娠糖尿病を発症する割合8人に1人
  • つわりの25%が日常生活に支障をきたす
  • 4%が病院で入院が必要な現状
  • 分娩停止する割合10人に1人
  • 切迫早産も増えている
妊娠することによってエストロゲンという女性ホルモンは、妊娠前と比べて50倍から1100倍に急激なホルモンの変化をとげます。
特にプロゲステロンは、イライラや精神的なアップダウンと影響が高いと言われています。
 
急激なホルモン上昇により様々な体調不良が現れてくることがあります。
 
肉体的にも精神的にも浮き沈みが激しくなり、疲労感や浮腫、吐き気など、様々な心身の乱れを感じることがあります。
 
妊娠中の鬱症状などもホルモンの急激な変化によるものと考えられています。
 
妊娠中に服用できる薬は限られてきてしまいますので、穏やかで、安全性の高い漢方を使うことをお勧めします!
 
漢方は何を使っても大丈夫と言う風潮がありますが漢方の中にも妊娠中に使わない方が良いお薬もありますのでご相談ください!
 
また、産後の体調が悪い等は、このホルモンの急激な低下と出産による出血、体力消耗などが原因となります。
授乳中も安心して使える生薬で回復を早めて見る為にまずは気軽にご相談ください。

お問合せ・相談予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約はこちら

042-322-1024
080-5079-1193

受付時間:
AM10:00〜PM5:30(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00(土曜)

休業日:毎週水曜日、日曜・祝日

受付時間・休業日

受付時間

AM10:00~PM5:30
(月、火、木、金)

AM10:00~PM1:00
(土曜)

休業日

毎週水曜日、日曜・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・ご予約

お気軽にご連絡ください。

042-322-1024
080-5079-1193

サイドメニュー