〒185-0004 東京都国分寺市新町1-1-46

受付時間
AM10:00〜PM6:00
(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00
(土曜)
休業日
毎週水曜日、日曜・祝日
042-322-1024
080-5079-1193

うつと中医学

うつの患者さんのほとんどの方がこの慢性炎症がなんだかでうつの原因になっている可能性が多くあります。

多くのうつ病の患者さんが腸内環境が悪く腸にに微細な炎症があったり、アドピーの炎症、脂肪肝による肝臓の炎症であったり、ストレスによる炎症、脳の炎症など何らかの炎症を持っているからです。

東洋医学では、

 

中医学的なアプローチとして炎症に対するアプローチをはじめ下記に表したA型からF型それぞれの体質に合わせて処方を選ぶ必要があります。

 
特に梅雨の時期はB型の湿熱型の方は、やる気が起きない体が重いなどの症状があらわれ気が沈み易くなります。
 
日本は湿度の高い国ですのでB型の方は、意外と多くこれらの方は、アトピーなどを肌の病気を併発することも多いです。
 

うつ病

東洋医学的には、分類があります。


A・痰湿型・・・正常な水液のことを津液(しんえき)と呼んでいます。

飲み過ぎや食べ過ぎなどの飲食の不摂生やイライラ不安沈むなど精神的なアップダウン、ストレス、肥満などによって主に肺、脾、腎などの臓器の機能が落ちることによって水分代謝に障害が起きることによって生じます。
 
この痰湿(たんしつ)は、精神活動にも影響を与えます。
 
この痰湿の痰邪は
心(しん)に滞ると動悸、不眠、めまい、などが現れます。
 
胃に滞ると吐き気、ムカムカ、胃や腹部のつかえなどが現れます。
 
 
中医学では不安神経症、自律神経失調症、癇癪発作、発狂など原因がはっきりせず治療が比較的難しい病気は痰によって発症することが多いと考えられています。
 


舌の苔が白くて厚い・便秘・下痢・軟便・胃痛・吐き気・身体が重い・だるい・むくみ・脂性



B・湿熱型・・・五臓の脾の機能が落ちて湿が残りイライラやお酒などから余分な熱が残った状態。

アトピーの方に多い・お酒を飲む方に多い・イライラして怒りっぽい・舌の苔が黄色っぽい・だるさ・身体が重い・
身体が熱い・ほてる



C・肝うつ型・・・五臓の肝の機能が停滞した状態。

イライラしやすい・体調の変化が激しい・情緒不安定・ヒステリック・ため息・便秘と下痢が交互に来る・月経が早くなったり遅くなったりする・排便がスッキリしない



D・陰虚型・・・身体に必要な水分が五臓の機能が落ちることによって損なわれ大切な津液や水分が身体に保てない状態。

皮膚や目の乾燥・寝汗・口が渇く・舌に苔がないか非常に少ない。舌が赤っぽいくしわがある・高齢の人に多い・トイレが近い



E・栄養型うつ・・・食事の摂取がバランス良く取れていない、または、何かがたりない、食べてはいるが、胃や腸の働きが弱いため正しく消化吸収できない、〔下痢・便秘・リーキガット・カンジタ・シーボ等)タイプ。

 

F・副腎疲労型うつ・・・副腎皮質ホルモン(コルチゾール)は抗ストレスホルモンとも言われる私たちをストレスから守る大切なホルモンです。

このホルモンが身体から減少してしまう、
もしくは、
必要量作れないことによって人はストレスから守られなくなってしまいます。
そんな時に強いストレスがかかると簡単に鬱になってしまうのです。
最近この副腎疲労型鬱の方が増えてきていると思います。
 
理由は、ストレスが多い時代にあること、

また、食事にも問題があります。

うつと栄養

うつ病を考えるときに必ず考えなくてはいけないことが栄養療法です。

精神状態を左右させているのは脳内物質が大きな役割を果たしています。

資料① 
脳内神経伝達物質の生成には栄養が必須

病院で使われる抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンに作業するお薬です。
ですからセロトニン、ドーパミン、ギャバなどの脳内3大物質が正しく作られるには栄養が必要と言うことになります。
 

タンパク質をスタートとして、カルシウム、ビタミンC、葉酸、鉄、ナイアシン、ビタミンビー6、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛等は脳内物質の生成に関わっています!

ビタミンD欠乏うつ

ビタミンDの代表的な効果

資料①の絵でもわかるようにビタミンDはセロトニン経路でもドーパミン経路でもギャバの経路でもつかわれているので欠乏すれば鬱になる可能性が高くなります。
 
コロナウィルスの影響などで外出が減り日光に当たる時間が極端に減ってきていることも1つの原因と言えるでしょう。
 
ビタミンDは食事だけでは、なかなかいないきれませんので
日光に一日30分半そで半ズボンで直者日光に合ったって下さい。
 

25 (OH)D  25ヒドロキシビタミンDと言う値を血液検査してみるとどれくらいの量のサプリを補う量があるかないか判断することができます。

亜鉛欠乏うつ

腸内の亜鉛輸送体 ZIP4

亜鉛は、資料①でもわかるようにセロトニンを作る経路もドーパミン、ギャバの経路でもすべての経路で必要になり脳における神経伝達と関係があるため、うつ病ととても関係の深いミネラルの一つです。

 
多くの方がサプリメントで亜鉛を摂取する方が多いのですがなかなか吸収できない方も多くいます。
その理由は腸内に活性酸素が多いことによって腸内(空腸)にあるZIP4亜鉛輸送隊が少ないことが原因だと分かってきました。
 
これらの方々はサプリを飲んでもなかなか血液中に吸収されません。
 
腸内環境改善し腸内の活性酸素を除去することがの吸収を上げるカギとなります!

鉄欠乏うつ

資料① 
脳内神経伝達物質の生成には栄養が必須

鉄は、セロトニンを作るためにもアドレナリンを作るためにも鉄はとても重要なミネラルとなります。
 
鉄不足(フェリチンと言う数字がとても重要になります)
うつ病の方の多くに炎症が家の中にある方が多いので鉄剤の利用には注意が必要になります。
 
鉄によって炎症に影響を及ぼす可能性があるからです。
 
女性の場合、生理があるため鉄不足になりやすく鉄欠乏型鬱は多くの女性に大なり小なり関係している場合がすくなくありません。

タンパク・ビタミンB群欠乏うつ

資料① 
脳内神経伝達物質の生成には栄養が必須

脳内物質を作るためにスタートを見るとタンパク質です。

 

そのためタンパク質が低下するとバランスよく脳内物質を作ることができません。
 
また資料1でもわかるようにナイアシン、ビタミンビ6、葉酸は、すべてビタミンB群です。
 
これも同じくセロトニンの経路、ドーパミンの経路、ギャバの経路全てで使われているのが分かります。

コレステロール欠乏うつ

コレステロールから何が作られる?

コレステロールは副腎皮質ホルモンの材料となりますしビタミンDや女性ホルモンなどの材料となるため低い状態ですとコルチゾールがうまくできずストレスに弱い状態になります。

 
コルチゾール(副腎皮質ホルモン)は抗ストレスホルモンと言って人をストレスから守ってくれる大切なホルモンです。
 
そこで材料となる総コレステロールの数値は160以上200近くあってもいいかもしれません。

マグネシウム欠乏うつ

資料① 
脳内神経伝達物質の生成には栄養が必須

資料①の絵でもわかるようにマグネシウムもギャバを作るためにもドーパミンを作るためにも必要ですまたメラトニンと言う睡眠ホルモンを作るためにもマグネシウムはとても重要な栄養素となるためマグネシウムが不足すると睡眠の質が悪くなることがあります。

 

またマグネシウムは、脳や心臓、筋肉のリラックス効果を持っていますので肩こりや腰痛、頭痛、動悸などにも関わっています。

うつ状態を悪化させる生活習慣

栄養不足、食生活の乱れ、過食、過労、人間関係、寝不足、運動‍♀️不足、ストレス、太陽に当たらない、脂肪肝などの炎症、砂糖ジャンクフードなどの取りすぎなど改善が必要です。

 
腸内環境も精神活動と影響がありますので腸内環境を改善し便秘下痢ガスがたまるなどの症状は治療をしておくと漢方の効果が早くわかります。

お問合せ・相談予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約はこちら

042-322-1024
080-5079-1193

受付時間:
AM10:00〜PM6:00(月、火、木、金)
AM10:00〜PM1:00(土曜)

休業日:毎週水曜日、日曜・祝日

受付時間・休業日

受付時間

AM10:00~PM6:00
(月、火、木、金)

AM10:00~PM1:00
(土曜)

休業日

毎週水曜日、日曜・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・ご予約

お気軽にご連絡ください。

042-322-1024
080-5079-1193